メインコンテンツへスキップ

セルフケアお役立ち情報

セルフケア

私たちにとって、最も身近な症状である「風邪」。病院を受診する前におうちでできる対処法として、市販薬の活用があります。「セルフメディケーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことがある方も多いと思います。「セルフメディケーション」とは、『自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること』と世界保健機関(WHO)は定義しています。

セルフメディケーションによって得られる効果は多岐に渡ります。
・健康管理への意識が高まる
・薬や病気に関する知識が増える
・医療機関を受診する機会が減少し医療費を節約できる

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、今私たちは、自分の健康は自分で守るということを強く意識した生活を送っています。自己管理のためには、病気や薬に関する正しい知識を身につけることが大切です。そうすることによって、医師を受診する前に、軽度な症状であれば自分で対処できるようになります。さらに、病気の予防にも役立てることが可能です。

 

  健康イメージ



軽微な体調不良の際には、食事や休息に注意を払うと同時に市販薬(OTC医薬品)を活用し、自分で症状改善を試みる、ということが、セルフメディケーションを実践するということです。

例えば、私たちにとって最も身近な症状である風邪。自分の体調・症状を分析し、その状態に合ったお薬を選んで自ら手当てする、ということがセルフメディケーションです。

風邪薬にも様々な種類がありますが、中でも漢方薬は、風邪の諸症状に大変有用です。風邪の初期(ひき始め)・中期・後期、それぞれの症状に対応した漢方薬が複数あります。しかし、その選択を自分で行うことは難しいものです。そのような時は、自分の体質や症状を薬局の薬剤師に伝え、アドバイスを受けていただくのがおすすめです。

 

漢方薬イメージ

 

PLANTAGEでは、風邪に効く漢方薬を調べるために、弊社薬剤師が企画・開発したアプリをご紹介させていただきます。セルフメディケーションのお役立ちツールとしてご活用ください。