メインコンテンツへスキップ

原料の品質管理について

PLANTAGEでは、皆様に安心して製品をご利用いただけますよう、安全対策と品質管理を徹底した原料のみを使用しております。

 

【 ハーブティーについて 】

ヨーロッパ最大のハーブメーカーや世界各地の優秀な供給元から、質の高い原料を仕入れている専門商社のハーブを使用しております。

 安全対策

ハーブは自然の中で生産される農産物であるため、天候の影響による不作等により、一定の品質を保ち続けることが難しいものです。当店のハーブティーには、ドイツを始めとする世界中の適作地から輸入した良質なハーブを使用しております。輸入サンプル検査で原料に応じた様々な検査を行い、日本の基準に基づいた安全な原料のみを用いて製品化しております。残留農薬検査においては、日本国内のポジティブリスト制度に基づく検査が採用されております。

※ポジティブリスト制度とは:
2006年、食品衛生法改正により採用された残留農薬に対する規制のことです。基準が設定されていない農薬も規制の対象となります。

品質管理

ハーブは自然の中で生産される農産物であるため、異物が混入している場合があります。異物除去には、磁力、風力、静電気、ふるい、金属検出、目視等、複数の工程を繰り返し、より精度の高い原料選別が行われたハーブを使用しております。

 

【 薬膳食材について 】

漢方生薬やハーブ等農作物の品質管理を厳しく行っている漢方薬メーカーより仕入れた原料を使用しております。

安全対策

生薬、ハーブ類を取り扱ってきた長年の経験と理化学的品質評価により、産地・品種の選択を行っています。残留農薬試験等により安全性の管理を徹底しています。トレーサビリティの考え方を基に、種苗管理、栽培管理、加工管理等を実施、その上で、薬機法(旧薬事法)やGMPを遵守し、公定書の規格基準に自主基準を加えて、安全で安定した品質の供給に努めています。

品質管理

生薬やハーブ類は天産物ゆえに様々な異物混入の可能性があります。種々の選別設備を使用し、最終的には目視(手選別)によって、設備でも取り除けない異物を取り除いています。また、土壌や大気中に潜む微生物による汚染への対策として、一部の原料には高圧蒸気滅菌を行っています。